ウルトラマンの年代設定

今日、NHKでウルトラマンのアーカイブ映像が放送されてました

第23回のジャミラの回で1966年の終わりの方で放送されたものだそうです


見ようと思ってみたわけではなく、たまたま、チャンネルが合っていて

懐かしくチラ見していたんだけど、その終わりのシーンのところで気になることが!


ジャミラの墓を立てて隊員たちみんなで冥福を祈っているところなんだけど

その墓標にはしっかりと「1960-1993」と刻まれていたんです


ジャミラとは、元宇宙飛行士が変化して怪獣化したもの

という記憶はおぼろげに覚えていたんだけど(年齢的に再放送でみました)

子供だったので年代設定なんて気にしていませんでした


そのシーンを見て、ウルトラマンって27年後の世界を描いているんだと思いこんだのですが

念のため、ネットでも検索してみたらどうやら違うらしいってことになりました

SFドラマにありがちな、エピソード間のツジツマがあっていない現象のようです

それでもなんとかツジツマを合わせようと頑張ってる論議があったりして

それによると、墓標に刻まれた没年は、人間から怪獣に変化した歳であって

人間として死んだ没年であるとしているようです


どうやら、他のエピソードから考えて、年代設定は2020年としているのが普通のようです

なるほどねえ、と思いました

まあ、子供にとっては、その辺気にしないでストーリーにのめり込むので

どうでもいいことでしょうけど

好きになりすぎて、大人になって見返したりすると

そういうところも気になってしまうのでしょうねえ

かくいう私もこの記事を書いっちゃったりするわけです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック